【第3回 選抜 四天王 Live Battle】10パートナーズ考察について

どうもCATANです

先日10/1にYouTubeにて行われた

 

 第3回 選抜 四天王 Live Battle


f:id:CaTaN:20171001231610j:image

 

こちらの企画にて四天王制覇し優勝したので記念に記事を書こうと思います

ただひとつの記事に全部書くとアホみたいに長くなるので今回はパートナーズ選定の経緯について軽く書こうと思います

 

※HP:H 攻撃:A 防御:B 特攻:C 特防:D 素早さ:S   等の略語があります

 

まず企画の趣旨について

1.YouTuber4人を四天王とし、視聴者が生放送でバトルを行う。

2.四天王はそれぞれ戦闘スタイルに特徴があるポケモンで10パートナーズを編成
3.持ち物変更に限り変更を認める。その他一切の変更はなし。また自由枠なし。
4.勝ち抜き制。

とまぁこんなとこでしょう

あと参加者が12名とのことで四天王の1人目のみ2人体制で行うとのこと

 

そして僕はBグループスタートとのことで四天王の皆様のコンセプトと10パートナーズはこちら

 四天王 1人目 王様カエルさん

【状態異常】
f:id:CaTaN:20171001233134j:image

 

四天王 2人目 ぐのーさん

【能力上昇】
f:id:CaTaN:20171001233258j:image

 

四天王 3人目 ともちんさん

【高攻撃値】
f:id:CaTaN:20171001233442j:image

 

四天王 4人目 ぼぶしさん

【命中不安】
f:id:CaTaN:20171001233542j:image

 

上記の10パートナーズを見て率直に思ったこ

1.全体的に素早さが遅め

バシャーモペンドラーは特性でSをあげることが出きるがそれを抜きにしたら早いのはジャローダマルマインファイアローぐらい

そのためある程度Sを振れば先制で行動できる機会は多そう

2.ギミックが多い

前述で上をとりやすいとは言ったものの

ステロあくび展開や天候、トリックルームにバトンとギミックが非常に多い

(まぁ40匹もいれば当たり前と言えば当たり前だが)

このギミックを対策無一文でいくとあっさり負ける

3.耐久が並以上が多い

ポリゴン2テッカグヤを初め鈍足で耐久が高いのがチラホラいるため高火力でのゴリ押しだけだと勝てなそう

 

皆様のパートナーズをざっと見て思ったのはこんなとこ

 

以上を踏まえてパートナーズを選ぶにあたり考えたこ

1.四天王4人の10パートナーズに対して3匹で全て見れるように構成する

こうすることで持ち物の変更だけでも十分に戦えるPTが組める

2.10匹の中で汎用性の高いポケモンを2~3匹は用意する

基本的にメタ枠2の汎用1で組めれば10匹で40匹みれると考えました

3.ギミックに対する対策または切り返しを見せあいの段階で2匹程度は用意する

これをしてお相手は選出を歪めてくれることに期待して...( ´△`) 

4.四天王側もこちらのパートナーズを見て見せあいの6匹を選定する可能性を考慮する

これによりメタが活きやすくなると共に恐らくこのようなことをしてくると山を張りましたw

5.見せあいの予想をきちんと立ててそこにはメタをはる

上記の4が想定されるため

前提としてこの構成できたらヤバそうだなってことを考えてそこの穴埋めをしていくように組んでいきました

ただ他のポケモンは対策しないではなくある程度の回答は用意する

 

これを元に考えたパートナーズがこちら


f:id:CaTaN:20171002001512j:image
f:id:CaTaN:20171002001522j:image

とまぁかなーりエグい面子になっております

(;´_ゝ`)

まさかの準伝4体... 育成大変だったなぁ

よく1週間で用意できたな(´д`|||)

考察に2日かかったときはどーなるかと思いましたww

 

あと今回動画の表記ミスで挑戦者のパートナーズの制限から準伝は1体までというのが抜けていたとのこと(;´_ゝ`)

 

きちんと概要見てから考察したとはいえこれはちょっと申し訳なかった

言ってしまえば企画の隙をついたのだから...

でもこうでもしなかったら恐らく勝ててませんでした(´д`|||)

理由は次回の四天王の皆さんの選出予想のとこでお話しします

 

ではまたノシ